書類審査で芸能人になる

オーディションに合格しなければ芸能人への道は開けないのですが、肝心のオーディションの前にクリアーしなければならないハードルが有ります。其れが「書類審査」です。 この書類審査で通らなければいくらオーディションといったところで何も始まりません。

この書類審査に必要な履歴書の書き方で、通過できるか出来な如何決まるだけでなく、次の二次審査へまで影響を及ぼす資料と成りますから、安易に考えてはいけませんよ。

まず、応募用紙が指定されている場合には、その用紙を使いましょう。

「履歴書またはオーディション用紙」と書かれているならば「オーディション用紙」を使用します。

「オーディション用紙」にはプロフィールを書く項目が印刷されていて、芸能人として活動をしていくときに必要になってきます。 また、別の出演者とのバランスを考える意味で身長はたいせつな項目と成ります。

オーディションを受ける 。

雑誌やインターネット等で一般公募という型のオーディションを受けて芸能人を目指します。

ホリプロが主催している「ホリプロタレントスカウトキャラバン」 が特に有名ですが、この場合には、主催者や募集内容がハッキリしていますので、安心して受けることができます。

ただ雑誌やインターネットといった広い募集形態に成りますので、当然応募者は多く成りますから、その中で勝ち進んでいくのは凄く難しいことといえます。

ちなみに「ホリプロタレントスカウトキャラバン」の場合、応募者の数は5万人を超えます。その別の有名なオーディションでも、2万人から4万人ぐらいの応募が有ります。 現在は、数多くのオーディションに関する情報が雑誌やインターネットで配信されていますから、 常にチェックしておくことが必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。