オーディション

オーディションには芸能界人になることを夢見て、子供の頃からピアノやバレー等のレッスンを受けたり自分なりに努力をしている人がたくさん応募してきます。
その中で最終的に合格出来るのは1人か2人です。 これじゃオーディションを受けても合格なんかとてもじゃないけど無理だと思いますよね。 

ところがそうじゃないんです。 なぜかと言うと、このオーディションを受けているほとんどの人が自己流で歌や踊りの練習をしてきた人ばかりだからなんです。 

努力はしているのですが、これではいくら努力しても結果には繋がりませんよ。 

履歴書の書き方もみたいですが、オーディションにもそれようのやり方(対策)が有るんです。 まずオーディションは何の為におこなわれるのかを考えてみることです。 

オーディションの目的が何なのかを理解しなければなりません。 必要としているのはどういうイメージのキャラクターなのか? いくら演技がうまくても、審査員のイメージと合わなければ採用にはなりません。 

演技の上手・下手よりも、求められていることが何なのかを的確に理解して、其れをそのまま表現出来るかなんです。 芸能人として活動をしていくには、一番身に付けなければならないところです。 そのやり方さえ身につければ勝ち進んでいけるんです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。